【香港②】日本未上陸、香港ディズニーランドのみのアトラクション

アジアでは香港だけで楽しめるショー&アトラクションがあります。
ハイシーズンでもそれほど混雑がないようなので、1日で全部回ることができます。

P6275399.JPG

これがすごくよかった!
ほんとディズニーのキャラクター抜きにしてもクオリティの高い演出や技術が使われていて、みる価値あるなぁと思いました。

アジアで初めて香港に作られて、日本にないアトラクションは4つあります。

●ゴールデンミッキー(ショーとシアター)
●ミッキーのフィルハーマジック(3Dシアター)
●フェスティバル・オブザ・ライオンキング(ショー)
●スティッチ・エンカウンター(参加型アトラクション)

ゴールデンミッキー
ディズニーの人気映画の名シーンが次々とテーマごとにつなぎ合わされて映画になっています。
途中で映画から舞台上でのパフォーマンスに切り替わったり、キャラクターが大集合して踊るダンスシーンがあったり・・・。

2011-06-29golden.jpg

感動して泣けてきました。
それほどディズニー映画を見ているわけでもないのですが、忘れていた喜怒哀楽の感情がわきあがってきて。

「なんかこういう感情忘れていたなぁ」とショーの後はしみじみしました。
精神的にこういうテンションの高まりがあると、すごくストレス発散になると言われますが、ほんとその通り。厄が落ちたようにみ終わった後すっきりしました。

2011-06-29golden2.jpg

ミッキーのフィルハーマジック
メガネをかけて見る、3Dシアターです。
座席は動かないのですが、風が吹いたりニオイがしたり、雨が降ってきたり・・・。

P6265189.JPG

オーケストラの音楽もさすがすごく良かったです。
座席が動いているかのような臨場感もあって♪

フェスティバル・オブザ・ライオンキング
P1200503.JPG

これもパスポートの金額だけで見てもいいの!?というクオリティー。
真ん中に舞台があって、360度、4つに分かれた座席から観覧します。

どの角度から見てもいいように作られているのですが、どんどん出てくる人や動物の入れ替わりも気づかないうちに進められていて、不思議な感覚に落ちました。

P1200489.JPG

↑真正面に座席があるのですが、ショー中は全く気にならないというか見えない。
私がみたもの(ショー)と、別の角度から見たものと、たぶんだいぶ違うと思う。同じショーなのにすごく不思議でした。

スティッチ・エンカウンター
P6265228.JPG

スティッチと対話形式で進んでいくアトラクション。
画面に映ったスティッチが「どこからきたの?」など質問して、私たちが答えていく参加型です。

不思議と話す内容で、筋書きも少し変わるようです。
英語バージョン、広東語バージョンなどがあり、入り口の電光掲示板で何時ごろに英語の回が始まるかわかるようになっています。

あまり英語が聞き取れないので、スティッチにあてられたらどうしよう・・・と不安でしたが、一応手を挙げるシステムになっていて、不安そうな人は当たらないようになってるようです。

3人くらい質問されるのですが、私たちの回は子供もけっこういたのに、当たるのは全部大人でした。
なんとなくこのことからも思ったのですが、子供より大人が楽しめるように全体的に作られているのかもと感じました。

ショーのクオリティも高いし、何より自分に近いところで演じられているような印象がありました。
人が多すぎないので、ちょっと並べば最前列で見ることも難しくないというのもありますし、そもそも舞台が日本より近いような気がしました。

エンターテイメント観覧という感じで、香港観光にディズニーランドを入れても、大人ばかりで行っても十分楽しめると思います。ディズニーがすごく好きでなくても、楽しめます。

時間的にも価格的にもそれほど辛くなく回れるし、空港から近いので香港観光のときはぜひ。
ディスニーリゾート内にホテルも2箇所あります。

香港ディズニーランドも回れるツアー
香港ディズニーランドの1日パスポート付きツアー<楽天トラベル>
香港(ホンコン)ディズニー開園5周年特集|ホワイトベアファミリー

香港へ出かけるツアー
HIS海外ツアー<香港>
JTB海外ツアー<香港>
エイビーロードで安い順に香港ツアーを検索
楽天トラベル<香港特集>

この記事を書いた人

オレンジスカイ

"和歌山の情報の宝庫"と呼ばれています。情報発信が趣味であり仕事のブロガーです。

◯メディア出演実績:FMワカヤマ「うわちかの知らんことばっかり」、テレビ和歌山「わくわく編集部」、和歌山放送「すみたにの全開水曜日」、和歌山放送「ボックス」、和歌山放送「藪下将人のハッピーマンデー」他