オリンパス「PEN E-P3」レビュー&「E-PL1」と比較

オリンパスのイベントで、E-P3で試し撮りをさせていただきました。
新しいエンジンが搭載され、画像処理がめっちゃくちゃ早くなっていました!全然違う。

P7099414.JPG
OLYMPUS PEN E-P3 発売記念キャンペーン

フォーカスも早いし、ピントの合う精度がグッと上がっていました。
そしてタッチパネルになったので、ピントの合わせたいところに”タッチ”すると、同時にシャッターも切れる(シャッターが落ちない設定もできます)ので、失敗写真、撮り逃しがグッと減ると感じました。

IMG_1225.JPG

↑このタッチで撮れた写真が↓こちら。

P7109393.JPG

標準レンズですが、かなり近寄って撮れます。
タッチする場所をかなり変えても、「パシャッパシャッパシャッ」と連写のごとくシャッターが切れます。

より高速に、高感度に進化した「1230万画素新ハイスピードLive MOSセンサー」が、とらえた一瞬を素早く映し出し、画質とスピードに進化を遂げた画像処理エンジン「TruePic Ⅵ」が、とらえた世界を忠実に再現します。

ほんとすごいです。グググッと焦点が合う”間”がほとんどないので、ストレスフリー。
アートフィルターで撮影した写真も、E-PL1は「処理中」という時間があって、連続での撮影ができなかったのですが、E-P3は処理にかかる時間がアートフィルターでもほとんどありません。

タッチする場所を手前→奥と変えてみた
手前
P7109398.JPG


P7109397.JPG

E-PL1はかなりピント位置を変えるのが大変でした。
それがこんなワンタッチで変えられるなんて・・・初心者でも直感的に触れるので、失敗ないですよね。

P1170129.JPG
↑E-PL1はこういうかなり広範囲なピント合わせで、しかもメニューからこの画面を出して、ひとつひとつポイントを移動させて・・・ということをやらないといけないので、比べてみるとものすごく大変です。

アートフィルターでの撮影
10種類のアートフィルターがありますが、さらにその中にⅠ・Ⅱとあって、撮れ方の違いが楽しめます。Ⅰ・Ⅱをわざわざ作っただけあって、やっぱり質感が変わって、すごく表現の幅が広がっています。

IMG_1223.JPG

アートフィルターで同じ場面を撮ってみました
P7109363.JPG

P7109373.JPG

P7109408-1.JPG

P7109377-1.JPG

色味で違いを感じたのは「グリーンがめっちゃきれいに撮れる」
P7109411.JPG

P7109418.JPG

「リアルカラーテクノロジー」により、従来の高い色再現能力を保持しつつ、エメラルドグリーン、黄色など、今まで再現が難しかった色の再現性や階調性を向上させることで、画像の立体感が増しています。

まさにこの通り、きれいなグリーンが出ています。
↑の写真は撮りっぱなしで、サイズ変更のみ。アートフィルターを使っただけで修正なしです。

こんなに”高速化”や”もどかしかったことの改良”を感じたことなかったので、ほんとにE-P3に飛びつきたい気分です。

予約キャンペーンでもらえるプレミアムグリップ
P7099420.JPG

E-P3予約キャンペーンによると、予約して購入、その保証書のコピーを送ると、この限定プレミアムグリップがもらえるそうです(要らない方はSDカードなどの選択肢が用意されています)。

オプションがほんとカッコイイ。
レンズキャップも色々デザインが豊富で素敵でした。

P7099421.JPG

公式サイトで購入すると分割手数料無料&3年保証付き
オンラインショップ限定 OLYMPUS PEN E-P3
レンズキット99,800円です。

楽天市場でPEN E-P3の最安値を検索する
AmazonでPEN E-P3 レンズキットを買う

E-P3対応♪かわいいカメラグッズ

この記事を書いた人

オレンジスカイ

"和歌山の情報の宝庫"と呼ばれています。情報発信が趣味であり仕事のブロガーです。

◯メディア出演実績:FMワカヤマ「うわちかの知らんことばっかり」、テレビ和歌山「わくわく編集部」、和歌山放送「すみたにの全開水曜日」、和歌山放送「ボックス」、和歌山放送「藪下将人のハッピーマンデー」他