パイナップル豆乳除毛クリームで除毛実験♪

以前、自転車に乗る友人男性から「めっちゃ足の毛が簡単にきれいになるから使ってる」と聞いて、ずっと気になっていたパイナップル豆乳除毛クリームを使ってみました。

PA029479.JPG
鈴木ハーブ研究所のパイナップル豆乳除毛クリーム

除毛できる仕組みは、チオグリコール酸カルシウムという成分。
これが毛の中の”ケラチン”というタンパク質という成分を分解するので、毛が溶けるようになくなるということなのだそうです。だから仕組みから考えると毛髪からヒゲまで毛なら除毛できます。

実際、ほんとに毛が「溶ける」イメージ。
除毛したあとはツルツルとしていて、毛が根元に残っている感触もないです。

PA029493.JPG

見た目は白いクリーム。
これをスパチュラで除毛したい部分に塗ります。

除毛のために使うチオグリコール酸カルシウムは、パーマ液に入っているので、ニオイはパーマをしているときの独特のツンとしたニオイに似ています。クリームを落とした後にニオイが残ることはなかったです。

PA029491.JPG

脱毛した後に生えてくる産毛の除毛に使ってみました
PA029487a.JPG

抜いたり剃ったりがし辛いところに使ってみました。
肌の薄い部分はカミソリだとかなり肌を傷めるので、クリームを使うのがベストなポジションですね。

成分の仕組みを考えれば、どんな剛毛でも除毛できるはずです。
毛の中身を分解しているので、剛毛やデリケートな部分でも傷みもないはず。

PA029496a.JPG
↑おぉ~ツルサラになりました~~。

抜けてる感覚は全くないので不思議な感じです。
しかもクリームで10分間パックしているからか、肌の透明感が上がった気がします。

クリームを塗っている最中は、毛はまだ腕から生えているように見えたので、ほんとに毛がなくなるのかとかなり不安でしたが、クリームを流してタオルで拭いた後にみてみると、その部分がスキーーッときれいになってました。

お風呂じゃなく部屋でできますから時間がなくてもできます
多少塗っている間にチクチクしますが、髪のパーマをしているときと同じくらいの刺激かな。

後から生えてくる毛も、先端部分が剃ったときのように四角じゃないからか気になりません。
毛根には毛が残っているから、小まめに除毛しないといけないのが難点ですが、肌を傷めにくいので、カミソリでずっと剃り続けるよりいいだろうと思います。

◆公式サイト、通販はこちら→鈴木ハーブ研究所のパイナップル豆乳除毛クリーム

でもやっぱりクリームは消耗品だし、毛は次々と生えてくるので、目立つ部分は脱毛がラクですね。
ワキや腕、足などは脱毛に通って、お腹や手の甲、足の甲とか脱毛するほどでもないところをこういうクリームでサポートするっていうのがベストですね。

手や足の甲とかって脱毛器のショット数が多くなるので、脱毛に通っても脱毛器を使ってもコスト的にけっこう大変な部分です。その割りに効果も出辛いので、クリームがベスト!と思いました。

この記事を書いた人

オレンジスカイ

"和歌山の情報の宝庫"と呼ばれています。情報発信が趣味であり仕事のブロガーです。

◯メディア出演実績:FMワカヤマ「うわちかの知らんことばっかり」、テレビ和歌山「わくわく編集部」、和歌山放送「すみたにの全開水曜日」、和歌山放送「ボックス」、和歌山放送「藪下将人のハッピーマンデー」他