マンデイムーンの材料で高機能化粧水作り*フラーレン入り*

手作り化粧品の材料を通信販売している、マンデイムーンさんの材料を使って、手作り化粧水を作ってみました。

今までも何度か挑戦していたのですが、イマイチよいものができず、、。
でも今回はとある材料を入れることで、かなり効果のある保湿化粧水作りに成功!

http://www.mmoon.net/
P5192621.JPG

化粧品を手作りして何がよいのかわからない、手作り系化粧品は薄いし安さだけがメリット・・・と思っている方もこれなら使い心地に驚いて作り続けようと思うはず。手作りでもすごく高機能な化粧水が作れましたよ♪

水溶性フラーレンを入れるのがコツ!
P5192625.JPG

水溶性フラーレン、これを入れることで段違いにパワーのあるものが作れます。
手作りの化粧水って「単なる水を塗っているような、頼りない感じ」があったのですが、水溶性フラーレンを入れることで全く違う次元の化粧水に!

ほんのちょびっと入れるだけなのですが、98円で買ってきた精製水がめっちゃ高級な化粧水のような使い心地になりました。

P5192630.JPG

フラーレンのパワー
●フラーレンはビタミンCの120倍以上の効果
●プラセンタの800倍の勢力でコラーゲンを生成
●フラーレン、1g数万円、、金より高い

“フラーレン”というのが実はものすごく高価で価値のあるものなので、これを入れることで手作りでもしっかりと保湿などの効果が高いものが作れるんですね。

金よりも高い”フラーレン”はちょっと配合されているものでも商品価格5,000円~数万円と非常に高額になってしまうので、なかなかこの成分を使っている化粧水は作られていません。
(DHCでもフラーレンが入った化粧水がありますが、超高級ラインとして売られていて1本9,000円)

手作り=安く作れるからよい、のではなく、「お店で売っていないものが手に入る」、「高くてなかなか買えない高機能な化粧品を自分で作ることで安く手に入れられる」と考えるのもいいんだなとほんとに思いました。

フラーレン入り化粧水*レシピ*
60ccプラボトルにちょうどよい量です。

*精製水 50ml
*水溶性フラーレン 0.5ml
*ベタイン 1g

価格は精製水10円+フラーレン500円+ベタイン10円=520円。

精製水はドラッグストアで500ml100円ほどで売っています。
ベタインは天然のアミノ酸系保湿剤で、柔軟効果、帯電防止効果(静電気防止)があります。入れなくてもいいと思うのですが、入れたほうが私は付け心地がいいと思いました。

フラーレンなしでベタイン+精製水だけで作るレシピもベーシックなローションとして人気です。
精製水と合わせて20円だからヘアケアに使うのも◎です。リンスにベタインを入れるのもいいらしいです。髪の静電気が減るようですよ。

贅沢にローションパックでスペシャルケア!
手作りするとあまり日持ちがしないので、これでローションパックをするのがオススメ!
スペシャルケアといっても、フラーレン入りでも1回分なら数十円。激安ですよね。

シートでもコットンでも、あっという間に肌が白くキメが整うと思います。
私も最近、黄砂の影響で肌が炎症気味だったのですが、とてもスッキリしました。

P5192633.JPG

材料を買うときに仕上げに使うオイルも買っておけば、これでベースのケアが完了します。

美容液などは濃度や材料の吟味が難しいので、手作りに慣れるまでは買うとしても。
化粧水って買わないで作ったほうがいいって、実感しました。

P5192639.JPG
(↑シートマスクにヒタヒタにして、使用量は10mlくらい。)

これからもフラーレン入り化粧水作っていきたいと思います。
この価格でこの機能性の化粧水は絶対既製品だと買えないですね。

化粧水作りだけなら、細かく軽量する道具なども必要なく、手軽に始められます^^
まずは化粧水作りが楽しいなと思うことが大切なので、少ない材料で効果もわかりやすい「精製水+水溶性フラーレン」の化粧水からぜひぜひ。

▼高品質な化粧品材料が買えるマンデイムーン▼
手作り化粧品原料専門店のマンデイムーンです。自分で作るから安心して使えてとってもお肌に優しい!

※商品検索で”フラーレン”で見つかります。

化粧品の原材料も同じような名前で売っていてもその品質にはとても差があります。
私も今まで色々なところで材料を買ったのですが、マンデイムーンさんのものはとても材料にパワーがあっていいなと思うのでオススメします。

この記事を書いた人

オレンジスカイ

"和歌山の情報の宝庫"と呼ばれています。情報発信が趣味であり仕事のブロガーです。

◯メディア出演実績:FMワカヤマ「うわちかの知らんことばっかり」、テレビ和歌山「わくわく編集部」、和歌山放送「すみたにの全開水曜日」、和歌山放送「ボックス」、和歌山放送「藪下将人のハッピーマンデー」他