源泉掛け流しの秘湯「龍神温泉 元湯」レポート@GW

和歌山の秘湯と言われている、龍神温泉へゴールデンウィークに行ってきました。
1,300年の歴史があり、江戸時代から湯治場として栄えた温泉です。

P5052457a.JPG

山に囲まれた場所にあり、温泉の横を川が流れています。
日本三大美人の湯とも言われる温泉で、肌の汚れをとり、肌の調子を整えてくれるお湯が楽しめます。

実際に入ってみると、ほんとに肌の表面がツルツルになって驚くほどです。
乾燥していた肌も、なんとなくデコボコとした吹き出物が出ていた顔もツルッとしなやかになりました。

秘湯といっても車で行けます
P5052446.JPG

秘湯というと山の中をかき分けて・・・というイメージがありますが、ここは車で行けます。
“元湯”は日帰り温泉施設(正確には村営の共同浴場)で、最近建て直されたので清潔感もあり、とてもきれいです。

“元湯”は龍神温泉で唯一掛け流しの湯が楽しめる場所で、しかも2種類のお湯があります。
自然に湧出する「自噴泉」と、ボーリングによる「掘削泉」があり、二つの内風呂でそれぞれ違うお湯が楽しめるようになっています。

P5052449.JPG

必要に応じて加温はされるそうですが、かなり自然に近いお湯だなと感じることができました^^
やっぱりお湯にパワーがありますね。

※温泉で感じるお湯のパワーはマイナスイオンの発生量と言われています。厳選から近いほうが数値が高い=パワーが強いとされています

風景も、ものすごくキレイ
P5052450.JPG

温泉宿の並ぶ温泉街や駐車場、橋などはずいぶん整備されていますが(かなり近年のことです)、それ以外に人工物がほとんどなく、露天風呂からは両側に山が見えて、挟まれている感覚があります。

それほど高い山ではないですが、山に人工物がないし、周りに高い建物もないので、とても存在感があります。水の神という意味である”龍神”という名前がこの温泉についたのも納得です。昔は本当にすごく神秘的な場所だったんだろうなぁ・・・と思います。

こんな場所がある和歌山ってやっぱりいいところだなと思いました。
和歌山県民でもめっったに行かないですし、知名度もそんなに高くないですが、いい温泉でした。

ゴールデンウィークでも渋滞なし
阪和道の有田インターを降りて、そこから1時間半くらい山道を走ります。
ずーっと川沿いで景色もよくて、よいドライブコースです。

釣りをしている人もチラホラ。
5月5日でも道の混雑はほとんどありませんでした。13時半ごろは駐車場もすぐ入ることができました。遅い午後~夕方のほうが駐車場は混むみたいです。白浜など観光帰りの方が寄るからかな?と思います。

ただツーリングの人たちがかなりたくさんいるので、駐車場にすぐに入れても、元湯は男性風呂がいっぱいだったようです。女性はのんびり入ることができました。

P5052441.JPG
↑途中の道の駅「水の郷日高川 龍游 」からの景色。ほんとずーっとこんな感じの景色が続きます♪
和歌山県民はけっこう見慣れた風景ですが、遠くからドライブにやってきてこの景色が続くと感動すると思います^^

20年ぶりに行った龍神温泉ですが、山道もかなり整備されていたし駐車場も確保されていて、行きやすくなっていました。正直驚きましたが、これなら「行ってみて」と言えるな~と思いました☆

和歌山といえば白浜や熊野古道、高野山へ行かれる方が多いと思うのですが、ちょっと龍神温泉で立ち寄り湯もいいと思います。お湯は確実によいと感じられると思いますし、チャンスがあればぜひ!

私も別の季節にまた行ってみたいなと思います^^

関連リンク
◆元湯について→元湯|龍神温泉
◆温泉について→龍神温泉
◆アクセス、観光スポットについて→龍神観光NAVI/社団法人 龍神観光協会
◆宿泊なら→人気のある龍神温泉の湯宿

この記事を書いた人

オレンジスカイ

"和歌山の情報の宝庫"と呼ばれています。情報発信が趣味であり仕事のブロガーです。

◯メディア出演実績:FMワカヤマ「うわちかの知らんことばっかり」、テレビ和歌山「わくわく編集部」、和歌山放送「すみたにの全開水曜日」、和歌山放送「ボックス」、和歌山放送「藪下将人のハッピーマンデー」他