グリコの高級ポッキー「バトンドール」

なんばタカシマヤなどで大行列となっている、江崎グリコのスイーツショップ「バトンドール」。

2012年に開店したときは、おしゃれなパンフレットをたくさんの人が配布していました。そのときはピンと来なかったのですが、”ポッキーのノウハウを生かした高級スイーツ”を売っているお店だそうです。

バトンドールのスイーツ写真

バトンドールはフランス語で [ 黄金のスティック ] という意味というそのままに、ポッキー型の箱菓子が販売されています♪

食べてみると風味豊かで、香りがものすごく良かったです♪

バトンドールのお菓子写真

△これは「ミルク」△

この箱の中に個袋が5つ。
4本ずつ入っているので、合計20本入っています。価格は1箱481円です。

バトンドールのお菓子の包装

箱を開けるだけで豊かなコクの香りが広がる
ミルク味なのもありますし、バターをスティックの部分にたくさん使っていることもあって、ミルキーなコク深い香りがふわ~~~~とします。

この香りだけでも価格の価値あり!!
味も美味しい、でもけっこうミルクは大人には甘い。

個人的にはもう少しポッキー感が少ないほうが良かったかも
バトンドールのポッキー的な写真

バトンドールは【高級なポッキー】といわれているのですが、江崎グリコとしてはポッキーのノウハウを使っただけで別のコンセプトのスイーツとしているようです。

スティックも太めですし、チョコも厚め。
でもその割合がポッキーと同じかも・・・。

どうしてもそうなると頭の中で自然に比べてしまいますね。

バトンドールは素材の味が全く違うし、香りもとてもよいので、もっとスティックを太くしたり、チョコを2層にしたり・・・ポッキーからもう少し離れているほうがいいかもなぁと感じたのが正直な感想です。他に食べたみなさんはどうだったのかなぁと気になります☆

でも香りだけでも価値があるので、贈り物としては最適ですね。
バレンタイン用にはこのバトンドールの「カフェ」か「ストロベリー」など♪

ミルクはかなり甘かったので、男性には「カフェ」のほうがいいと思います。
私は次は「抹茶」を食べてみたいです。

バトンドールのラインナップ
capture-20130117-004513.png
Line up|Bâton D’or バトンドール

なんばタカシマヤのバトンドール*混雑具合*
●行列が絶えない状況のようです(2013年1月現在)
●平日午後3時~4時ごろは空いている
●待ち時間は平日で10分~15分ほどの様子
●ただ完売もあり、夕方には在庫がない場合もあるようです
●梅田よりなんば高島屋のほうが比較的空いているとのこと

私もまたバレンタイン用のギフトを買いにいきたいと思います^^

バトンドール 公式サイトはこちら
>>Bâton D’or バトンドール

この記事を書いた人

オレンジスカイ

"和歌山の情報の宝庫"と呼ばれています。情報発信が趣味であり仕事のブロガーです。

◯メディア出演実績:FMワカヤマ「うわちかの知らんことばっかり」、テレビ和歌山「わくわく編集部」、和歌山放送「すみたにの全開水曜日」、和歌山放送「ボックス」、和歌山放送「藪下将人のハッピーマンデー」他