東芝のパソコン、サポートセンターと修理受付対応がよくて、買ってよかった

昨日から、愛用のパソコン「東芝KIRA V632」の内蔵バッテリーの調子が悪く、検出されない状態でした。
ACアダプターを繋げると使えているのですが、どう考えても中の調子がおかしいと思ったので、サポートセンターへ電話しました。

KIRA V632

購入したのは東芝ダイレクト楽天店
購入年月は、2013年9月ごろです。

サポートセンターは土曜日の夕方なのに、コールすぐに繋がった!

東芝サポートセンター

東芝のサポートセンターへ、土曜日の午後4時に電話しました。
そもそも土曜日やっているのかな、、と思っていましたが、土日も朝9時から夜22時まで電話できるそうです。

東芝PCあんしんサポートへ電話して、コールすぐに繋がりました。
原因を話して、型番を伝えて、ちょっと初期化などをしましたが、「やはりお預かりしないといけなさそうです」ということで、修理係さんへ回していただくことに。

サポートから修理センターもちゃんと話を受け継いでくれていたので、何度も同じようなことを話すことなく、気持ちの良い対応でした。

サポートセンターの対応がよかったのが救い!

普通に使っていて、基盤がおかしいのかバッテリーが悪いのかわからないのですが、いきなり検出されなくなり。
「ええ~っ」とテンションが下がっていましたが、修理の段取りまでがすぐつけられたので、余計なイライラを感じずにすみました。

日本のパソコンを買うというのは、こういうメリットもあるのだなぁと。
東芝のパソコンは2台目ですが、今回買ったKIRAもとてもいい感じで使っていましたし、これからもリピートしたいなと思いました(今回修理になったことを含めても)。

東芝KIRA V632

修理は購入後1年以内なので、保証内。最短5日、長いと1週間預かり

修理の状況ですが、今回は部品があったので引き取りから引き渡しまで、5日~1週間ほど。
修理費はとりあえず今のところはかからずに済みそうです(保証書が家にあれば)。

電話して次の日の朝には取りに来てくださるということで、できるだけ早く修理したいときも、とりあえずはフォローされているように感じました。

修理に出すと決めて、やったこと5つ

メインパソコンを簡単に修理に出すとか、、やはり準備が必要です。
やっておいたことをまとめると…。

1.中身(データ、メールソフト)バックアップ
2.次に使うパソコンが動くかどうか確認
3.メールソフト→gmailへアカウント変更
4.メールソフト内の重要なメールをエバーノートなどへコピーして保存
5.ログインパスワードの変更(相手に教えるので、とりあえずランダムな感じに変更)

今回はデータを触る修理ではないのですが、自宅で必要になるデータもありますし、もし万が一なくなったら卒倒しますので、外付けHDDに全て保存。

次のパソコンでそれらのデータが動くか確認。

普段メールはメールソフトを使ってローカル管理していたので、保存している仕事に必要なメールをエバーノートへ抜出。gmailでやり取りができるようにアカウント設定変更。

このようなことをやって、バックアップの時間をのぞけば、もろもろで2時間でした。
スムーズに準備はできたような気がします。

すぐ電話がつながって、話も早かったので、サポートセンターの対応には感謝しています。
無事に直るといいのですが…。

▼▼東芝PCの最新モデルチェック
東芝ダイレクト楽天店

この記事を書いた人

オレンジスカイ

"和歌山の情報の宝庫"と呼ばれています。情報発信が趣味であり仕事のブロガーです。

◯メディア出演実績:FMワカヤマ「うわちかの知らんことばっかり」、テレビ和歌山「わくわく編集部」、和歌山放送「すみたにの全開水曜日」、和歌山放送「ボックス」、和歌山放送「藪下将人のハッピーマンデー」他