関空ちかトクきっぷの買い方、使い方(関空・なんば・大阪地下鉄)

関空から大阪の地下鉄まで1枚の切符で安く行ける「関空ちかトクきっぷ」。

関空から南海線に乗って、なんばで大阪の地下鉄に乗り換え。

地下鉄の範囲内であればどこまでいっても1,000円の特別割引切符です。

関空ちかトクきっぷ

初めて使ってみたのですが、券売機で買えるので簡単でした。
なんば駅で用事をしてから地下鉄に乗るということもできますし、すごく便利だと思いました。

梅田駅まで行く場合、通常運賃1,160円が1,000円になります!

関空ちかトクきっぷの買い方

関西空港の券売機で購入できます。

関西空港駅の南海線

きっぷ売り場に行ってみると、大阪方面への案内として「1,000円」の文字が大きく掲示されています。
「とりあえずこれを買って」という雰囲気なので、迷わず買えます。券売機も同じように大きく表示されていて、大きなボタンがありました。

関西空港駅の券売機

  • 券売機で買える
  • 買うのは当日でOK
  • 乗り換えは「なんば駅」でのみ。
  • なんばで乗り換え時には時間のチェックがないので、用事してもOK
  • 特急「ラピート」には乗れない(乗るならラピート用の「関空トク割 ラピートきっぷ」を買う)

関空ちかトクきっぷの使い方

普通の切符なので、改札機に通して使います。

関空ちかトクきっぷ

地下鉄は「各駅」となっているので、範囲内であればどこでも下車できます。
地下鉄・ニュートラムで下車できる対象駅は、公式ページ関空ちかトクきっぷ|南海電鉄に書かれてあります。心斎橋や梅田はもちろん、江坂、大日、コスモスクウェアなどまで行くことができます。

私は今回は「堺筋本町駅」まで行くのですが、1,100円のところが1,000円にになりました。
金額は大したことはないですが、切符の買い直しも必要なく、快適でした。

なんばで下車してランチをするなど時間をつぶすこともできましたし、使ってみて良かったです。
ただ泉佐野駅で乗り換えが発生するので、もう少し早く移動されたい方は、ラピート用の切符がオススメです!

▼▼関空からラピートに乗るなら
関空トク割 ラピートきっぷ|南海電鉄


地方を結び、人々を結ぶリージョナルジェット

この記事を書いた人

オレンジスカイ

"和歌山の情報の宝庫"と呼ばれています。情報発信が趣味であり仕事のブロガーです。

◯メディア出演実績:FMワカヤマ「うわちかの知らんことばっかり」、テレビ和歌山「わくわく編集部」、和歌山放送「すみたにの全開水曜日」、和歌山放送「ボックス」、和歌山放送「藪下将人のハッピーマンデー」他