なんば駅近のコワーキングスペース「Co:Labo難波」でドロップイン

南海難波(なんば)駅の南改札口を出てすぐにある、コワーキングスペース「Co:Labo難波」に行ってきました。

短時間のドロップイン(一時利用)でも使いやすい、90分600円でワンドリンク付きというプランがあります。
駅から近く、飲食物の持ち込みもOK。

コワーキングスペース Co:Labo (コラボ)

南海利用者の私にはすごく便利なところにありました。
南海難波駅南改札口からのアクセスを詳しくまとめてみます。

南海難波駅からCo:Labo難波へ行き方

南海以外の地下鉄などから行く場合は、なんばCITY1階を日本橋方面へ抜けていくとわかりやすいかもです。

1.難波駅のホームからは「2階南改札口」へ
南海なんば駅ホーム

かなり端のほうにある改札です。

2.改札口を出たら左手へ
なんば駅南口改札

3.階段を下りて、右にあるドアから出ると…「見える!」
なんばCITYの階段

コワーキングCo:Labo 難波店

コワーキングスペースってだいたいけっこう駅から離れていることが多いので、駅ビルから見えることにちょっと驚きました。

4.ローソンの2階がコワーキングCo:Labo 難波店
コワーキングCo:Labo 難波店

持ち込みOKのコワーキングなので、このローソンで買ったものを持って上がってもいいそうです。
ドロップインには1ドリンク付いているとのことでしたので、私は手ぶらで行きましたが、お昼など買っていってもよさそうですね。

広くて快適。会員登録とインターネット接続設定が必須

思っていたよりかなり広い空間で、作業するには快適です。

コワーキングCo:Labo 難波店

初回ドロップイン利用時には、
●カウンターで会員登録(身分証必要)
●インターネットの接続設定

が必要でした。

インターネット設定がちょっと面倒かな(FREESPOTを使うのでメール認証が必要)と思いましたが…。
次回からはそのまま接続できるようなので、何度も行くのであれば、スターバックスなどのカフェを利用するより居心地いいかなと思います。

コワーキングスペースは単純な作業場というより、イベントや勉強会なども参加して楽しくなる場所だと私は思うので、場所もわかりましたしまた機会があったらこちらのイベントなどにも参加してみたいなぁと思います。

一時利用:90分600円、1日1,000円
住所や営業時間などは公式ページよりもう一度確認してください
▼▼
コワーキングスペース Co:Labo (コラボ) | 人がつながる、分かち合える、何かが生まれる コワーキングプレース

この記事を書いた人

オレンジスカイ

"和歌山の情報の宝庫"と呼ばれています。情報発信が趣味であり仕事のブロガーです。

◯メディア出演実績:FMワカヤマ「うわちかの知らんことばっかり」、テレビ和歌山「わくわく編集部」、和歌山放送「すみたにの全開水曜日」、和歌山放送「ボックス」、和歌山放送「藪下将人のハッピーマンデー」他