徳島県制作の動画「VS東京」、めちゃかっこいい

徳島県が「VS東京」をコンセプトに、動きを見せ始めています。

徳島県が知名度アップのために制作したプロモーション動画が元になっているのですが、その動画がめちゃくちゃかっこいいんです。

単純にすだちや阿波踊りがいいよではないところ、カッコいいところ、コンセプトがはっきりしているところ、の3拍子で話題になっています。

VS東京

「徳島県、四国の右っ側」シンプルなのにわかりやすいナレーションもいいです。

東京に対抗して知名度アップを狙った、県の政策

VS東京

県が主導しているのですが、はっきりといろんなことを伝えているのがすごいですね。
これくらいはっきりしていると、圧倒されますね。

徳島県名産のすだちが健康によい効果があるとの発表もありましたし、盛り上がっていますね。
徳島市は和歌山市の隣でフェリーに乗れば自転車で行けるところ。山も川もきれいで、素敵なところです。(おいしいチュロス専門店もあるし…)

このコンセプトを作るため、県は今年度予算に800万円を計上し、神山町にサテライトオフィスを置くデザイン会社「ドローイングアンドマニュアル」(東京)と契約。20~40代の若手県職員とのチームで立案した。引用–徳島)「vs東京」 知名度アップへ県がコンセプト策定:朝日新聞デジタル

この記事を書いた人

オレンジスカイ

"和歌山の情報の宝庫"と呼ばれています。情報発信が趣味であり仕事のブロガーです。

◯メディア出演実績:FMワカヤマ「うわちかの知らんことばっかり」、テレビ和歌山「わくわく編集部」、和歌山放送「すみたにの全開水曜日」、和歌山放送「ボックス」、和歌山放送「藪下将人のハッピーマンデー」他