和歌山の四郷で山ハイキング!串柿と滝と井戸

かつらぎ町の四郷地区へ、串柿の写真を撮りにいきました。

四郷は4つの集落が集まっている地区で、かなり広いので、ハイキングに県外から来られる方もたくさんいらっしゃるとのこと。

11月は四郷の名産である「串柿」が干され始める時期で、オレンジ色のきれいな柿と紅葉を見ながら山歩きが楽しめます。

かつらぎ町四郷

みかんもきれいですが、柿のほうが色が鮮やかなので写真に撮ると綺麗!
大きなカメラを持った人が山を歩きながら撮影しているのも多く見られました。

四郷地区は山間部。絶景です!

かつらぎ町四郷

笠田の駅から山の方へかなり上った場所にあります。
かなりの急な坂が多くあり、この地区をぐるっと歩いてまわるのは1日かかるそうです。

かつらぎ町四郷

この地区には結構地図もあって、持って歩けるマップなども準備されています。
時折トイレのある休憩所もあり、観光地としてもきちんと整備されているような印象がありました。地区の方々もみなさん気さくに声をかけてくださって、居心地のよい場所でした。ほっこりしました。

平地区にある柿えもんさん、トイレ&休憩&直売所

柿えもん

柿は1袋200円。
串柿(つるし柿)は400円でした。こんにゃくやよもぎもちなど、ちょっとした直売所のような感じ。

串柿体験

↑500円で体験できる、「串柿作り」。
500円の体験料で、柿が10個ついてくるって安すぎ!

このような感じで農村の集落の中にも観光客が行きやすいような雰囲気作りもされています。
農家の方々は仕事をされているので邪魔をしてはいけないですが、集落内を歩いていても嫌な顔をされることもなく、声もかけていただき、楽しく歩いて過ごすことができました。

弘法大師の井戸

弘法大師の井戸

滝もいたるところにありましたが、こんな表示が!
場所は、平地区の柿えもんさんの向かいに看板と階段があり、降りていくと井戸があります。

弘法大師の井戸

お参りをして、お水を飲ませてもらいました。
きれいな水もたくさん出ていて、山の中でマイナスイオンもいっぱい浴びることができました。

これから12月ごろまでオレンジ色の綺麗な柿をみることができます。ハイキングにすごくよい時期です。
12月半ばには柿は出荷されてしまうので、干されているものが減ってきたり、時間が経って黒くなってきてしまうので、このオレンジ色のきれいな風景を見るのは11月が見頃とのこと。

和歌山市内からだと1時間ちょっとかかりますが、素敵な場所でした。
2時間ほどあれば、2地区くらいは歩いて回れます。このあたりは他にも見所がたくさんあるので、お時間あれば行ってみて下さい♪

▼▼地図、地区の紹介は以下のページがわかりやすいです
かつらぎ町 串柿の里

この記事を書いた人

オレンジスカイ

"和歌山の情報の宝庫"と呼ばれています。情報発信が趣味であり仕事のブロガーです。

◯メディア出演実績:FMワカヤマ「うわちかの知らんことばっかり」、テレビ和歌山「わくわく編集部」、和歌山放送「すみたにの全開水曜日」、和歌山放送「ボックス」、和歌山放送「藪下将人のハッピーマンデー」他