東京ブロガーミートアップに初参加しました@第26回

ブロガーの自主的なコミュニティ、東京ブロガーミートアップに初めて参加しました。

もう第26回ということで、とても長く続いているブロガーのためのブロガーが運営する会合です。(関西にもこういう集まりあったらいいのにな♪)

今回は決められたテーマに沿って全員が発表するという内容で、私も5分ほど発表。2時間たっぷりブログのことを考えることができました。こういう機会でもないと、自分をきちんと振り返ることってできないですもんね。ありがたいなと思いましたし、参加したことで実りある時間を持てました。

ブロガーミートアップ

テーマは「2015年にブログでやりたいこと」でした。
収益化から、ブログのコンテンツ拡充の話まで、皆さんなかなかセキララだったので、楽しかったです。

ブログって言ってもできること、運営してわかることってたくさんある

東京ブロガーミートアップ

自分のための記録場所や、自分のスキルアップのモチベーションとして使ったり。
もちろん販売するサービスや製品のPRに使ったり。

ブログを通したコミュニティやイベントで色々なことを学んだり。
自分を主張する場でもあり、様々な広告を取り入れることで収入源にもなります。

発表された方々の”ブログでやりたいこと”が色々あったので、改めてそういう風に感じました。
ほんとブログという1つのものが、色々な形で使えるんだなーと。

例えば。発表された内容を抜粋

め~んずスタジオのアスカさんは、「今作っている豊洲の地域情報サイトにエントリーを追加していく!」とか「単独で取材申し込みをして、得られる情報の幅を広げていきたい」という話をされていました。

オレガジェットの岡部さんは、「ブログを飛び出してリアルな場所づくりもやっていく」とか。でもそのきっかけは地元のコミュニティで「ブログに就職しました(ブログでご飯を食べている)」という話をしたらオジサマ方にウケがよくてコネクションができたから、ということだったり。

ケンタの日本全国スタバ旅の@kentasakakoさんは、「スターバックスをめぐる旅をしている」ということでもっと訪問数を増やしてブログに書き綴りたいということでした。スターバックス、京都とか素敵な場所にあったりしますから、いいな私も行きたいなと思いました^^

ジャンクワードの森の田中さんは、「フィクションも書いていく」とか…。フィクション!小説をブログの1記事として織り交ぜるなんて斬新や~と思ったり。

色々な方の”これから”を聞くことで、色んな形があるのだと再認識できましたし、たくさんのブログを知ることができて、読む楽しみも増えたので、参加して良かったです。

私は「色々つなげていきたい」という発表をしました

capture-20150114-234306

個人的には2013年2014年は新しいことにもチャレンジしていた年でした。
意識してそうしていたわけではなく、振り返れば、和歌山の地元情報発信からライターの仕事まで、多くの”はじめて”がありました。まち女子の活動では冊子まで作っちゃいました。

ただそうなってくるとそれぞれを分散して管理・作業していると全然時間と気持ちが追いつかなくなってきて、ブログの更新も心理的負担になることもあり大変でした。

バラバラで時間が足りないなら、もう少しそれぞれの仕事や活動で学んだこと、得ている情報、そういうものを総合的に自分の中で処理して、文章として表現していくことを始めていきたいなという願いを込めて『少しこだわりをなくして、つなげていきたい』という主旨の発表を個人としてさせていただきました。

今までバラバラで作業・管理していたのは、自分の中の”こだわり”で別にしていたんですよね。
これは和歌山経済新聞だから、これはブログだから、これはラジオだから、のような感じです。

どうしてそういう壁があったのか、自分でもよくわかりませんが、それぞれにやることが多すぎて、交わってなかったということかもしれないなと思っています。

というようなことを、考えるきっかけになった東京ブロガーミートアップ。ほんとに参加して良かったです。
運営してくださっている皆様、ありがとうございました。

これからも予定が合う限り参加したいです。
よろしくお願いします。誰でも参加できますし、今回も初参加の方々が3名、4名(私含む)いらっしゃいました。ブログ書かれている方は参加するのも楽しいと思います!

▼参加された方々の今回のレポート一覧、ブログチェックは以下より
http://matome.agilemedia.jp/tbmu/tbmu26/

この記事を書いた人

オレンジスカイ

"和歌山の情報の宝庫"と呼ばれています。情報発信が趣味であり仕事のブロガーです。

◯メディア出演実績:FMワカヤマ「うわちかの知らんことばっかり」、テレビ和歌山「わくわく編集部」、和歌山放送「すみたにの全開水曜日」、和歌山放送「ボックス」、和歌山放送「藪下将人のハッピーマンデー」他