パワーポイント作成に悩むとき、見るとヒントになるウェブサイト3選

パワーポイント(プレゼン)の資料を作成する途中で、どういう風にデザインするか、スライドにまとめていくかすごく悩むときがある・・・方も多いと思います。

私もよく悩んでしまうのですが、そんなときに見てヒントを得ているウェブサイトを3つご紹介します。

プレゼン資料は早くかっこよく作りたいですよね。でも一人だとなかなか上手いアイデアも出てこないので、ヒントを見ながら作るのが吉。

プロジェクターの画像

探してみると可愛くカッコよく作っている人も多いのですが、凝り過ぎると時間が取られ過ぎるので気を付けないといけないですね。

プレゼン資料作成時、ヒントになるウェブサイト3選

1.SlideShare
スライドシェアのキャプチャ画像
http://www.slideshare.net/

誰でも自由にパワーポイント資料をアップロード、閲覧できる無料のサービス「SlideShare」。
いろいろな内容の資料が閲覧できるので、内容もデザインもヒントがいっぱい詰まっています。

デザインだけなら海外のスライドもかなり参考になります。
色々なセミナーで使われているスライドもあるので、読み物としても役立つものが多く、活用しています。

2.Prezi
プレジのキャプチャ画像
https://prezi.com/

ブラウザで使えるプレゼン資料作成ソフト「プレジ(Prezi)」。
こちらも誰でも自由に使うことができますし、公開されている資料は閲覧可能です。

ただ、無料アカウントでよいのですがログインしないと、多くのものは見ることができないので、アカウント作成・登録等準備が必要です。
このソフト「Prezi」はインターネットにつながっていれば、かっこいいプレゼン資料が作れるので、パワーポイントを持っていない方や、シンプルにもっとカッコイイ資料を作りたい方にオススメ。

スライドではなく1枚の紙に色々な情報を載せ、それを見せながらプレゼンするスタイルです。
きれいにまとめてスライドを作りたいときに、色々なヒントがもらえます。そのままパワポではなくPreziで作成してしまうのもアリ。

3.伝わるデザイン
伝わるデザインキャプチャ画像
http://tsutawarudesign.web.fc2.com/

学会等の研究発表用に考えられたデザイン術が掲載されているウェブサイト「伝わるデザイン」。
いかにスムーズに内容を相手に伝えていくかを考えた末の具体的なテクニックが書かれているので、すごく勉強になります。

レイアウト、色、枠の付け方など…。
どうしてそうしてはいけないか、こうするのが良いかという部分の説明もしっかりされているので、説得力があります。


ご存知のサイトも多かったかもしれませんが、私がいつも助けられているサイト・サービスですので、まとめてご紹介致しました^^
手早くカッコよいプレゼン資料を作って行きたいですね。

▼▼最近買った書籍

外資系コンサルが実践する 資料作成の基本 パワーポイント、ワード、エクセルを使い分けて「伝える」→「動かす」王道70
これはテクニック論が多くて、何となく「どうしてその書き方をするのか、どうしてその表現を選んでそのページが出来たのか」という具体的な部分があまりなくて、ちょっと使いづらいなと思いました。すでに表現したいイメージが自分の中にあって、それを上手に形にするために参考にする資料という感じです。

この記事を書いた人

オレンジスカイ

"和歌山の情報の宝庫"と呼ばれています。情報発信が趣味であり仕事のブロガーです。

◯メディア出演実績:FMワカヤマ「うわちかの知らんことばっかり」、テレビ和歌山「わくわく編集部」、和歌山放送「すみたにの全開水曜日」、和歌山放送「ボックス」、和歌山放送「藪下将人のハッピーマンデー」他