【宿泊レポ】福岡で九州一の朝食が食べられる「イル・パラッツォ 」

福岡の春吉エリアにある、朝食が美味しいと評判の高いホテル「イル・パラッツォ」に家族で宿泊しました。

デザインが素敵なホテルでした。1989年にイタリアの建築家アルド・ロッシ氏が日本で初めて手がけた建物と説明があったのですが、それから2009年にリニューアルされているということで古さは感じませんでした。

ホテル イル・パラッツォ

2014年に「朝ごはんフェスティバル」の九州・沖縄大会で優勝したという朝ごはんが一番の特徴のホテル。
九州名物がたくさん出るというのも楽しみに宿泊しました。

イル・パラッツォの客室内@スタンダードツイン

イル・パラッツォの水回り

水回りが広くて、気持ちが良かったです。
家族で泊まった時に便利な、バストイレ洗面台別。

イル・パラッツォのお風呂

小学生は添い寝無料でした。
子ども連れにはありがたいです。

▼「ホテル イル・パラッツォ」の宿泊予約・料金チェック
ホテル イル・パラッツォ

九州大会で優秀した、朝ごはん「丸ごと九州モーニングビュッフェ」

朝ごはんコンテストで地区優勝した朝ごはん。
明太子など九州食材がたっぷりなのも嬉しいし、オリジナルのスムージーやドレッシングがよかったです。

ホテル イル・パラッツォの朝食

ホテル イル・パラッツォの朝食

福岡、宮崎、鹿児島の食材がいろいろ。
明太子は大きな切り身で準備されていて嬉しかった。

ホテル イル・パラッツォの朝食

あとトルコではよく食べられる”サバサンド”が作れるコーナーも。
多くのソース類が手作りだったので、オリジナリティがあって楽しめました。

2泊だったので2度食べましたが、メインは日替わりになっていて、メニューが変わったのも良かったです。
朝ごはんだけ食べに来られている方々もいらっしゃいました。

ホテル イル・パラッツォの駐車場

1泊1500円だったのですが、すぐ近くにもコインパーキングがたくさんあり、24時間1000円くらいの相場でありました。
ホテルの駐車場も予約するわけではないので、コインパーキングのほうが安いので先に空いているか見てみて、空いてなければホテルに聞いてみるというのがオトクです。立体だったので出し入れも結構大変でした。

福岡・春吉のホテル外観

朝ごはんも美味しいし、小学生の間は添い寝が無料でできるので、よかったです。
ちょっと館内も暗めでファミリー向けの雰囲気というわけではないですが、子連れの方々もいらっしゃいました。

福岡のホテル事情
福岡はホテルが満室になってしまい、毎回取りづらいので、とにかく日程が決まったら早めに部屋を予約するのがオススメです。
今回もかなり探して見つけたホテルです。駅前などは1か月前の段階でも満室が多いなぁという印象です。


福岡・天神/中洲エリアのホテルを評価順にチェック

この記事を書いた人

オレンジスカイ

"和歌山の情報の宝庫"と呼ばれています。情報発信が趣味であり仕事のブロガーです。

◯メディア出演実績:FMワカヤマ「うわちかの知らんことばっかり」、テレビ和歌山「わくわく編集部」、和歌山放送「すみたにの全開水曜日」、和歌山放送「ボックス」、和歌山放送「藪下将人のハッピーマンデー」他