紀の国トレイナート2015!海岸線沿いの「みろづ駅舎カフェ」

去年はじまり、人気のため今年も継続されたアートイベント「紀の国トレイナート2015」へ行ってきました。
10月17日にスタートしたイベントですが、去年から楽しみにしていたので10月18日に早速出かけました。

最終は12月24日のクリスマスイブまで続くので、まだ3か月あります。
色々な企画が次々に開かれるので、また私も出かけようと思っています。今回のメインは見老津駅の駅舎にオープンした期間限定カフェ「みろづ駅舎カフェ」です!

見老津駅

見老津駅

こちらの写真がJR見老津駅です。
普段は無人駅で、たぶんかなり静かな雰囲気だと思うのですが、その駅舎内がおしゃれなカフェになり、外ではイベントがあり、とても賑やかな空間になっていました。

1日まるごと「WOOD STOCK みろづ駅舎カフェ」DAY

みろづ駅舎カフェ

田辺市にあるWOOD STOCKというカフェが出張して開いてくれていました。
10月18日はプレオープン、11月21日~23日までのトレイナートDAY期間にまたオープンするようです。

みろづ駅舎カフェ

この海を眺められるカウンター席がすごくいい!
海岸に座っているような感じで、しっかりしたメニューの食事が楽しめました。

みろづ駅舎カフェ

みろづ駅舎カフェ

椅子に座ってしまうと、そこが駅舎だとは思えない雰囲気です。
それほど広いわけではないですが、目の前が海で窓も多いので開放感があります。

みろづ駅舎カフェ

メニューは、私が行った時はランチが終わっていたので、ピザやパスタ、スイーツなどの単品と、トレイナートオリジナルのドリンクやアルコール。
シャンパン、ワイン、生ビールもそろっていて、すごいな~と思いました。

ピザはパリパリ系。
ケーキもおいしそうでした。

みろづ駅舎カフェ

夕暮れ時に行くのがいいんじゃないかなと思います!
11月のオープンのときに行けそうな方はぜひ。楽しいですよ。

和歌山からは高速を終点でおりて、ちょっと田辺に向かって戻る

高速を終点(すさみ)で降りて、5分くらい田辺に向かって戻りました。
海岸線沿いの道ですから間違うこともなく、行きやすかったです。

トレイナートはJRを使ったイベントなので、本来は電車で行くのがベストなのですが…。
本数も少なく、和歌山市からは特急くろしおに乗らないと各駅停車でかなり時間がかかってしまうので、今回は車を選択していきました。

駐車場は駅の回りに少し用意されていました(15台分くらい)。
電車からこのカフェを見た景色も見てみたかったです。

トレイナートは他にもたくさん企画が実施されています。
ラッピングの電車も走っていますし、公式ウェブサイトをチェックしてみてください♪


紀の国トレイナート2015

この記事を書いた人

オレンジスカイ

"和歌山の情報の宝庫"と呼ばれています。情報発信が趣味であり仕事のブロガーです。

◯メディア出演実績:FMワカヤマ「うわちかの知らんことばっかり」、テレビ和歌山「わくわく編集部」、和歌山放送「すみたにの全開水曜日」、和歌山放送「ボックス」、和歌山放送「藪下将人のハッピーマンデー」他