[ライター交流会]地方在住ライター会議2017

五反田のコワーキングスペースCONTENTZで開かれた、ライター交流会に登壇してきました。

テーマは「地方在住ライター会議 〜脱・東京の働き方〜」だったので、地方のライターさんがいらっしゃってるかと思いましたが、会場は東京とそれ以外のエリアで半々程度だったそうです。ライターさん以外にも編集プロダクションさんや出版社さん、ブロガーさんなどいろいろな職業の皆さんが集まっていて、とても楽しかったです。


ライター交流会 – Twitter検索

会場から実況してくださったツイートがあるので、今ならこのときの様子や内容はTwitterを追うとよくわかります。

ライター交流会

Twitterでは「#ライター交流会」がトレンド入りするほど。皆さんたくさん書いてくださいました。
トークセッションの最後の質疑応答も次々と手が挙がって、盛り上がりが肌で感じられました。

東京と地方は違う。だからバランスを取るのも大事じゃないかと

東京(首都圏)とそれ以外で違うことっていろいろとあると思うんです。
仕事に真摯に取り組んで、愛を持ってお客さんと対峙するとか、伝えたいことをきちんと伝えられる原稿を書くとかそういう根っこの部分は同じだと思いますが、アウトプットする形とか求められる役割とか。

どちらかに集中するのもいいんですが、地方の役割が再考されるようになったこの今のタイミングで、自分の仕事のスタイルとして「地方×東京」のバランスを保ってやっていきたいと宣言して新しいステージを作り出すのもおもしろいと思います。

地方在住ライター会議

ここ数年はコワーキングスペースやシェアオフィスが東京にも地方にも増え、そういうバランス(複数拠点)も取りやすくなりました。
月額会員になれば、なんとなく自分の居場所が確保されます。私も和歌山では会社のオフィス以外にコンセント、東京ではCONTENTZ。2つのコワーキングスペースを利用しています(なんだか名前が似ているこの2つですがw)。ちなみにコンセントは関東から和歌山へIターンした人たちがやっています。

・東京の仕事を居住するエリアに持って帰る。
・居住エリアで生まれた仕事、求められていることを東京の会社と連携してこなす。
・居住エリアで完結する仕事もする、探す。
・ミックスした新しい形の仕事を作り出す。

私はこれからの数年を、この4パターンを意識してやっていきたいなと思っています。
文章を書くのが自分のベースだと思っているのでそれは揺るぎなく、できるだけスキルもスピードも毎日アップさせて。その上に出し方のパターンを増やしたいなと。

肩書も1つにこだわらなくていいとも思いますしね・・・。
私も実際にライター、ディレクター、ブロガー、ラジオのパーソナリティ、記者・・・、そして経営者でもあります。イベントも(小規模だけど)主催しますし。

今回のキーワードは「愛」「できること」「ハブ(つながり)」

さて、ライター交流会のトークセッションで何度か出たり、私が気になったりしたワードです。

壇上でご一緒した赤坂さんはご自身ができることを増やしたり工夫したりして単価や案件を伸ばしていると感じましたし、松田さんはご自身ができることをMAXでやるのはもちろんほんとにたくさんの人とつながっているしつながる努力をされているなぁと思いました。おふたりともやらないことを決めているのも共通していました。

言葉にはしなかったけれど、「自分らしく」「流されない」などもベースにあったなと思います。
特にライターという肩書では、最終的に絶対絶対原稿書かないといけないんだから、それ以外のことで消耗しすぎるのはよくないと思うんですよ。何を大事にするか決めて、あとはバランスですよね。

思いがけない発見は交流から生まれると思います。
それがステップアップにつながることも。

今回はそれが身にしみた会でした。
ありがとうございました。

●参加された皆さまのレポート
#ライター交流会 で登壇してきました(2017/02/10) | 福岡在住フリーライター赤坂太一のブログ
【脱・東京の働き方】地方在住ライターって、ぶっちゃけ生活できますか? #ライター交流会 | SoloPro ソロプロ
地方在住ライター会議 〜脱・東京の働き方〜 に参加してきた。『地方で書く』の実際はいかなるものなのかを学ぶ。#ライター交流会 | 主夫のぽぽさん
【ライター交流会】地方在住ライター会議 〜脱・東京の働き方〜に参加!東京じゃなくてもライターは活躍できる? | ゆとり世代の投資家jun
「ライター交流会」に参加したよ♪ – まりこのうろおろ日記
場の力、集まる人の魅力 | maison de omata
(※抜けがあったら申し訳ないです。Twitter等で教えてください)

久々にお会い出来たayanさん染谷さん星野さん、江東経済新聞の別役さん。前日の地域ブロガーの会でもお世話になった中川マナブさん。ありがとうございました。

ライター交流会は月に1回開催されています。
次回は3月18日(土)、ちょっと番外編でノオトの会社説明会となるそうですが、「ノオトが好き」な人が集まりそうなので、またいい会になるんじゃないかと思います。私もちょうど上京中なので参加します!

ノオト会社説明会

モデレーターの宮脇さん、ノオトのたじーさん、会場で交流させていただいた皆さま、ありがとうございました!

////

私の会社のウェブサイトはこちらです。
よろしくお願いいたします。

和歌山のPR会社Crop(クロップ)

この記事を書いた人

オレンジスカイ

"和歌山の情報の宝庫"と呼ばれています。情報発信が趣味であり仕事のブロガーです。

◯メディア出演実績:FMワカヤマ「うわちかの知らんことばっかり」、テレビ和歌山「わくわく編集部」、和歌山放送「すみたにの全開水曜日」、和歌山放送「ボックス」、和歌山放送「藪下将人のハッピーマンデー」他